沿革

沿革

沿革

昭和5年 外林茂、お菓子の製造業を始める。
昭和15年 外林兄弟商会に商号を改める。
昭和20年 創業者 外林茂亡くなる。休業。
昭和28年 外林ムツヨ(前会長)がお菓子の小売業を始める。
昭和33年 お菓子の卸売業を始める。
昭和34年 外林久忠(現会長)大阪の油源(株)へ就職。
昭和43年 現会長、家業を引き継ぐ。
昭和45年 袋菓子専門問屋としてスーパーマーケットとの取引を始める。
昭和47年 C&C(カンエー)へ出向社員を派遣し、取引を始める。
昭和48年 (株)ニチイ、(株)セルコと提携システムにおいて取引を開始する。
昭和49年 法人組織へ改組。(株)外林に商号変更。 資本金2,000万円 倉敷営業所開設。
昭和50年 福山卸センターへ新社屋建設。
昭和54年 年商30億円となる。従業員約50人。 JMCの社員教育を始める。
昭和56年 尾道営業所開設。
昭和56年 全社オンライン化。「自然味良品」発売。
昭和59年 年商50億円達成。 おかげさまで10周年。新たな気持ちでチャレンジ。
昭和60年 エヌエスグループ発足。
昭和61年 岡山県総合流通センターへ岡山営業所開設。(倉敷営業所移転) 特企展を始める。
昭和63年 自社ブランド商品、売上構成比20%を超える。
平成2年 (株)エスピービーを設立(袋詰事業)。
平成3年 本社ビル建設。 新物流システム稼働。
平成4年 棚割診断、商品改廃提案システムの運用開始。 IMCの社員教育を始める。
平成5年 年商100億円を超える。
平成6年 広島営業所開設。(尾道営業所移転)。
平成7年 棚割システムを全営業所に導入。
平成9年 (株)エスピービー新社屋建設。
平成10年 岡山営業所新築移転。
平成11年 香川県の箕浦工業団地に四国営業所開設。
平成12年 トレーニング制度の開始。
平成13年 年商200億円を超える。 資本金2,000万円から5,000万円に増資。
平成14年 新本社へ移転。 九州営業所開設。
平成15年 関西営業所開設。
平成17年 社長交代(外林会長、佐藤社長)
平成18年 先代、外林ムツヨ会長逝去(享年93歳) 中部営業所開設。
平成19年 九州営業所新築移転。
平成20年 「四大改革」への全社取組スタート。
SC-ネット導入、テレビ会議システム開始。
平成21年 関東営業所開設。
年商400億円を超える。
平成22年 原田教育研究所の自立型人間育成研修を導入。
平成23年 (株)いしぐろ様と業務提携。
関東営業所移転開設。
仙台営業所、盛岡営業所開設。
コンピュータシステム「NSIP-Σ」に移行。
NSグループを会社組織の経営に移行。
平成24年 新経理システム導入。
平成25年 営業アシスタントシステム導入。
平成26年 営業所から支店に組織昇格。
40周年記念事業(社史編纂、福山市へ図書巡回車を寄贈)
平成27年 チームビルディング研修を導入。
新人事制度を導入。
平成28年 外林グループフィロソフィ手帳を作成。
平成29年 チーム会議の運営開始。
(株)エスピービーで広告イベント事業部を設立。