一般事業主行動計画

【次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画】

株式会社外林は「次世代育成支援対策推進法」に基づき、「一般事業主行動計画」を策定しております。

社員が仕事と子育てを両立出来る事により、社員が定着しやすく、社員がやりがいを持って仕事をする事ができ、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間 2019年 3月 1日 ~ 2021年 5月 31日
2.内容
目標1:始業・終業時間の繰り上げを行い、退社後の時間が有効的に使えるようにする。(終業時間を15分早める)
<対策>
 ●働き易い就業時間のニーズを収集し、役員会議にて検討する。
 ●就業時間の変更について、就業規則の変更を行う。
 ●会議、朝礼、社内報を通じて、社員への周知をする。
目標2:年次有給休暇の取得の促進のための措置の実施。
<対策>
 ●仕事の属人化を無くす為に、一人三役の取り組みを実施する。
(代行者の育成により休日を取得しやすくする)
 ●計画的に年次有給休暇の取得を行う。(年間の休日計画に盛り込む)
 ●休日計画を、役員会議で検討する。
 ●会議、朝礼、社内報を通じて、年次有給休暇の制度を社員へ周知する。
 ●年次有給休暇の取得状況を管理、促す事で、年間休日日数を122日以上にする。

【女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画】

女性が活躍できる職場にするために、次のような行動計画を策定します。

1.計画期間:2018年2月1日~2020年1月31日
2.実施企画:2018年2月1日~2020年1月31日
3.当社の課題
  女性社員の時間外労働が経常化している為、時間外労働を削減して、女性が家庭と仕事の両立がしやすい職場にする必要がある。
4.目標
  1カ月一人当たりの平均時間外労働を5%(1時間)削減する。
5.取り組み内容
 ①職場全員の職可能範囲の拡大(一人三役)を推進し、職場内の支援をしやすい体制を作る。これにより、育児短時間勤務者の勤務をしやすくする。
 ②始業時の朝礼、昼休憩後の昼礼において、社員が年齢・職位・性別に関係なく日替わりで、社員一人一人の業務の繁閑、偏りを聞き取り、職場全員で仕事の配分を協議し支援体制を作る。(日替り班長制)これにより、一人一人の負担の均等化、時間外労働の抑制を図る。