商品改廃

商品改廃

商品改廃の取り組みで競合との差別化を図る

  • 年に2回だけの改廃となっている。
  • 毎月の改廃では消極的になりがちで、定番改廃は積極的に行えない。
  • 売場の鮮度保持のため、毎月改廃を行うが、時間とコストが多くかかり、ロスの心配が出る。
  • 積極的な改廃を行なっても課題は多い。
定番改廃の現状と問題

  総じて、小売業様は定番改廃におけるお悩みを少なからず持たれています!

矢印
商品改廃は常に必要

定番改廃の必要性とあり方

  • スーパーマーケットにおける「定番」と「特売」の売上構成割合は・・・
    6:4あるいは7:3と言われています。
  • 売上を安定的に確保、伸ばしていく為には、
    半分以上の割合を占める定番商品売場に対する対策を講じていくことが重要です。
  • そこで対策として重要なのが"改廃の技術力"です!
  • 消費者を飽きさせず、購買意欲を湧かせ、購入して頂き、満足と安心を得て頂く必要があります。
消費者から支持される(ファンづくり)品揃え・売り場づくり。
定番改廃カ条:外林が提案する効率的な仕組み
  • 新商品情報・売れ筋商品情報の早い収集
  • 新商品の売れ行き予想を判断する「目利き」
  • 新商品の発売日に合わせた導入⇒メディアとの連動性や競合他社との差別化を図ります。
  • 時間・手間を掛けずに効率良く、精度の高い改廃内容を作り上げます。
  • カット商品の在庫調整により、見切り販売ロスの少ないスムーズな商品改廃を行います。
  • メーカー様緊急終売に対する迅速な改廃対応。
  • 商品情報分析~提案~商品手配~カット~改廃作業まで効率的な改廃の仕組みづくりと運用。
  • バイヤー様のサポートを行い、バイヤー様の労力の配分をより戦略的なものや現場指導に向けていきます。

定番改廃のシステム概要

新商品改廃システム
メーカー様新商品に対し、導体となる終売商品並びに売行き不振商品が自動で出力されます。
終売システム
緊急の終売商品に対し、未導入売れ筋商品並びに2カ月以内の既発売新商品が自動で出力されます。
◆バイヤー様支援の仕組み:お手間を取らせません
新商品、終売商品改廃見積もり、発注手配、等全てを外林が一括してご支援いたしますので、バイヤー様へのお手間を取らせません。
商品改廃お取引フロー
商品改廃お取引フロー

商品改廃によるメリット

  • 商談メーカーの集約化・商談の省力化が図られ商談の効率化になります。
  • 商品改廃の叩き台がコンピューターにより短時間で作成出来ます。
  • 新商品が発売日に近く、早期導入が図れ、競合店との差別化に繋げます。
  • 売行き不振商品を改廃することで、売場の商品鮮度が高まります
  • 売れ筋商品による品揃えにより、商品管理の効率化が図れます。
  • POSデータとの連動により、小売業様に合った改廃作業が短時間で作成できます
商品改廃についてのお問い合わせ